動画配信サービスのおすすめランキング@独自に徹底比較してみた

動画配信サービス おすすめ

動画配信サービスが人気!

 

映画やドラマと言えば、レンタルDVDで見るという人が非常に多かったのですが、最近は動画配信サービスを利用して視聴するという人が非常に多くなっています。

 

まだ新作は基本的にレンタルDVDが登場した後でしか動画配信が行われていないのですが、今後の動き次第ではこの動きも変わってくるのではないかと見られています。しかしながら、動画配信サービスと宅配レンタルをどっちにしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

 

ぶっちゃけて言えば、勢いで言えば圧倒的に動画配信サービスです。加入者が若い世代を中心に増えていることや、スマホなどのデバイスが普及したことによって、いつでもどこでも見られるサービスが人気となっているようです。昔のように、一人に一台テレビがないと好きなものが見れない時代ではなくなっているのです。

 

動画配信サービスは、どこでもすぐに観られるのが最大のメリットで、見たいと思ったときに探してすぐに見られます。外出の必要もなく、また支払いも月額料金ですから必要なく、そして返却すら要りません。サービスによっては、以前に見たところから再生が可能なので中断も問題ありません。

 

まだまだコンテンツ数が少ないとは言いますが、インターネットの世界はコンテンツの蓄積が可能ですから、長く続くサービスは自然とコンテンツ数が増えて行くはずです。今はまだまだ黎明期であり、これからコンテンツはどんどん増えて行くことが期待されています。

 

動画配信サービスならスマホ・タブレット・PCから見れる!

 

最近は動画配信サービスが非常に多くなりましたが、これらはスマホやパソコン、タブレットばかりに対応しているのではありません。実は、予想以上に多くの機器に対応しているサービスなのです。デバイスを選ぶことによって、より高品質の画面やオーディオでコンテンツを楽しむことが可能です。

 

たとえば、テレビをインターネットに接続することができるスマートテレビで直接的に動画を見るという方法があります。テレビのリモコンで操作できるのも嬉しいですね。日本の大手家電メーカーの大型テレビであれば、おおよそこういったサービスがついています。

 

また、クロームキャストなどの外部デバイスを利用することによって、テレビにスマホ、タブレット、パソコンなどの画面を映してみることが可能です。hDMI端子に差し込んで設定をするだけですから、非常に簡単なのが特徴です。AmazonのFireや、APPLE TVなどを利用するのもよく使われている方法で、そのままテレビに画面を映すことができるというのが特徴です。

 

他にも、携帯用ゲーム機などでも動画配信サービスを利用できる場合もあります。対応状況はサービスごとに違っていますので、調べてみると良いでしょう。

 

いろんな状況を想定して、自分に合った使い方をすることによって、より映像コンテンツを楽しむことができるでしょう。何かの際にこういった使い方を提案できると、周囲からの評価もグッと上がりますよ。

 

日本と海外の動画配信サービスの違いは?

 

動画配信サービスは、各社ごとにサービス内容や料金に違いがあるものです。知名度だけで選んでしまわないように、実際に利用するシーンを考えながらそれぞれの特徴を比較してみましょう。

 

海外のNetflixやAmazonプライム、Huluなどは、さすがに海外ドラマや映画に強いという印象があります。 基本料金だけで完全に定額というプランのわかりやすさもよく、それでいて比較的低料金だと感じます。

 

コンテンツが少ないという話もありますが、別の言い方をするなら「絞り込まれている」結果であり、水増しのためのコンテンツ(ビミョーな芸能人のトーク番組みたいなもの)が少ないのが嬉しいところです。また、高画質に対応したプランもあり、配信品質にも優れているのが特徴です。

 

国内系のDTVやU-NEXT、TSUTAYA TVなどは、やはり日本国内の広いニーズに応えようとしており、幅広くコンテンツを持っている印象があります。母体企業の顧客層を活かしてサービスを展開せざるを得ない部分があるため、絞込みが甘いといいっていいでしょう。しかし、誰もが見たいと思うようなものをまんべんなく置いているので、ハズレは少ないということができます。

 

ケーブルテレビやWOWOWなどの料金を考えると、上記の海外系サービスと国内系のサービスを両方契約してもそれほど料金が変わらないため、単純に多くのコンテンツを視聴できる環境が欲しいのであれば、動画配信サービスをダブルで契約するという方法もあります。

 

初心者は国内サービス、見たいものが絞り込めている上級者は海外サービスというような括りがわかりやすいかもしれません。後は、見たいコンテンツがあるかちゃんと比較して選びましょう。

 

動画配信サービスを利用したら通信料は…?

 

動画配信サービスは、動画の視聴をどこでもできるのが特徴ですが、動画というのは基本的に多くのデータ通信量を必要とするものです。WiFi環境下であれば問題はありませんが、そうでない場合にはスマホのデータ通信量を圧迫するものになってしまいます。この動画配信サービスは、どのくらいの通信量が必要なものでしょうか。

 

データ通信量は動画配信サービスや画質で大きく変わってきます。そのため、これだけかかりますとは一概にいえませんが、大まかな目安で考えるなら、普通の画質で30分間ストリーミング再生をすると、100MB程度、高画質で約150MB、非常に高い画質で見るなら500〜1000MBくらいと考えておきましょう。

 

大手携帯キャリアのスマホでは、「7GB制限」というような制限ラインがあり、それを越えてしまうと一気に通信速度が低下してしまって、動画再生がままならないレベルになってしまいます。SNSのやり取り程度であれば困ることはほとんどありませんが、動画を見ることや画質の良い写真のダウンロード、インターネットを利用したアプリの利用などはかなりストレスになります。

 

動画配信サービスを利用するのであれば、基本的にはWiFi環境で利用するようにした方が良いでしょう。それができない場合は動画の画質を低画質なものにしてみた方が良いかもしれません。可能なら、WiFi環境があるうちに見たいコンテンツをダウンロードしておいて、それを移動中に見るなどすると、ムダが少なくなって経済的です。

 

いろんな方法がありますので、研究してみると良いでしょう。

 

動画配信サービスはダウンロード可能?

 

動画配信サービスの便利だなと思う点のひとつが、コンテンツがストリーミングによって見られるだけでなく、一部のコンテンツはダウンロードが可能にもなっていることです。このあたりはサービス提供会社によって違っていますので、事前に確認しておきましょう。ストリーミングはインターネットが使えない環境でしか見ることができないものですが、ダウンロードであればどこでもいつでも見ることが可能です。

 

ただし、ダウンロードというのは動画データをデバイスにコピーするということですから、それだけ多くの容量が必要ですし、それをコピーする時間や通信料金が必要ということになりますので、余裕をもって準備しておかないといけません。特に、ダウンロード中に通信環境にトラブルがあると、しっかりコピーできずに、再生できない、途中で画面が停止してしまうなどのエラーが生じるようになります。

 

ダウンロードができると、通信速度やビットレートに左右されず、最も良い状態でその動画を見ることができます。ただし、視聴のための方法やデバイスが限られてしまうのが弱点となります。

 

日本発祥の動画配信サービスの場合には、ダウンロードサービスがついていることが多いですが、海外のサービスの場合にはついていない傾向が見られます。格安だからダウンロードまでは提供できないのかもしれません。こういった点も動画配信サービス選びには大事な要素となりますから、決めるときには意識しておいた方が良いかもしれませんね。

 

動画配信サービスの支払い方法は?

 

動画配信サービスの利用は、基本的に月額支払いとなっています。インターネット上で全ての登録や契約が済んでしまうわけですが、支払いに利用されるのは多くのインターネットショッピングなどと同じくクレジットカードです。しかしながら、クレジットカードが持てない未成年者や、カードでの支払いに不安がある方は別の支払い方法もありますから、心配は不要です。

 

たとえば、携帯電話の利用料と一緒に支払ったり、インターネットの料金と一緒に支払いができるようなサービスもあります。また、プリペイドカードで視聴することができるサービスもあります。こういったプリペイドカードなら使いすぎもありませんから安心ですね。コンビニで気軽に購入することが可能です。

 

クレジットカードだけでなく、デビットカードも利用ができますし、銀行口座から引き落とすことができるサービスもあるようです。コンビニ払いやEdy払い、Tポイントでの支払いができるなど、多様な支払い方法が可能になっています。

 

どこでも全ての決済方法が可能ということではありませんが、こういった方法があるということを知っておくと助かるはずです。たとえば高校生の子供が動画配信サービスに入りたいからクレジットカードを作りたい、というようなことは拒否できるわけですね。

 

動画配信サービスはできるだけ多くの人に利用しやすいように、様々な工夫をしています。料金の支払いは大事な部分ですから、特に使いやすさ、わかりやすさに配慮している印象がありますね。

 

動画配信サービスの解約は簡単?

 

動画配信サービスなどに加入する上で、ちょっと気になるのが解約方法です。入るのは簡単だけど、出るのが難しいというネットサービスは非常に多く、動画配信サービスもそういった類のものなのではと危惧している人も多いのではないでしょうか。

 

また、低料金だからこそ、しっかり解約せずに放置してしまい、気付いたら年間で1万円ほど損していたという場合もあります。

 

動画配信サービスは、基本的に解約がしやすくなっています。サービスページから解約手続きを簡単に行なうことができるので、電話で問い合わせたりする必要はありません。解約金などは単体で契約している場合は無料ですが、インターネット回線などと一緒になっているプランで契約している場合には違約金が発生する場合があるので注意しましょう。

 

ほぼすべてのサービスで、画面の指示に従っているだけで解約をすることが可能です。きちんと解約のページを探すことさえできれば、誰でも解約をすることができます。

 

解約をする際には、いつから解約になるのかをしっかり確認しておきましょう。サービスによって、その日に即座に解約となるものもあれば、月末に解約になるものなど違いがあるようです。解約時には月額の料金も日割りになるのか、まるまる一ヶ月分支払うことになるのかなど、そういった点もあらかじめ確認はしておいた方が良いと思います。

 

解約だけでなく、休止ができるサービスもありますから、もしも一時的に見れない状況ができただけであれば、休止程度にしておいた方が復帰が楽で良いのではないかと思います。